もっとインターネット通販をしよう

このブログは、実際のインターネット通販の記録とインターネット通販の促進のブログです。

mac OSでChromeのはてなのお知らせが表示されない件

私のブラウザはChromeを使っています。

Chromeでははてなからのお知らせが自動的に届く便利な拡張機能があります。はてなブログを書いている人はぜひとも入れておきたい機能のひとつです。

 

 

f:id:Suiten:20181215152140p:plain

Hatena::Notify - Chrome Web Store

 

本来ならば写真にあるようにはてなブログに読者が登録されたり、★がついたことなどの情報が届くのですが、Mac OSだけ届かない不具合が生じています。

 

f:id:Suiten:20181215152306p:plain

結論からいうとWindowsChromeでは問題なく機能していますが、Macのみ表示されないという不具合が生じています。

 

Chromeを再インストール、拡張機能を一度削除して、入れなおししても改善がみられません。

早期の回復を願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アキュビューのコンタクトレンズの通信販売をレビューします 近視・遠視のレンズ編

f:id:Suiten:20180815123035p:plain

私はワンデーのコンタクトレンズを通販で購入して、数年になります。

周りでネットでコンタクトレンズを購入している人は少ないみたいなので、通販型コンタクトレンズの使用感やレビューを書いてみたいと思います。

今回の記事では、近視/遠視の方の注文方法について書いています。

 

通販でのコンタクトレンズ購入の準備

 店舗型コンタクトレンズショップと違って、インターネットで購入する場合は、正確な注文が必要です。これを誤ってしまうと返品になってしまいますが、このあたりが自己責任になります。 通販の店舗によっては、返品不可のところもあるので注意が必要です。正確なオーダーをするための方法を伝授しましょう。

 

BCを確認しましょう

コンタクトレンズを通販で購入する基本として、レンズの曲がり具合を確認しましょう。

f:id:Suiten:20180815115957p:plain

外箱にはBCと書かれています

コンタクトレンズは、目に直接つけるレンズなので、レンズの厚さや大きさによって、見え方が変わってきます。専門的には、BC(ベースカーブ)と呼びます。

 

BCとは何でしょうか 

BC(ベースカーブ)とは、コンタクトレンズのカーブのことです。

コンタクトレンズは緩やかなカーブになって、眼球に張り付いています。

具体的にはレンズのカーブとは、レンズ内面の曲率半径のことであり、コンタクトの曲がり具合を示しています。多くは8.5や9.0などmm単位で表示され、BCの数値が大きければ大きいほどカーブがゆるくなります。

 

自分の目のカーブに対してBCが小さいと、コンタクトレンズが目に張り付くような感じることがあります。逆にベースカーブが大きい場合、目を動かしたときにレンズがずれるように感じることがあります。

 

通販でコンタクトレンズを購入する前には、まずBCはどれくらいか確認しましょう。

通常、BCはコンタクトレンズのパッケージや箱、眼科によって処方される指示書(処方箋)に記載されています。

 

f:id:Suiten:20180815120129p:plain

ACUVURのBCはこの位置に書かれています

BCの注意点
 

メーカーによっては、レンズの種類によって製作されているBCも違います。よって自由にメーカーとBCの組み合わせを選ぶことができません。

このため、初めてコンタクトレンズを装着する場合は、店舗型コンタクトレンズショップで試しにつけてみたほうが良いでしょう。

再び購入する時に慣れたBCのレンズをインターネット購入で注文することをオススメします。

 

 

PWRとは何でしょうか?

コンタクトレンズの目的は視力の回復です。これを近視や遠視を矯正するために度数が必要となります。この度数をPWRと表示しています。

この度数は0を基準に数値から大きくなると矯正する力が大きくなります。

 

+ は遠視用で、- は近視用として表示されています。

 

※ メーカーによっては D:頂点屈折力、 D/PWRとも表記されています。


近視用のコンタクトレンズの場合-0.25〜‐12.00で、0.25または0.5刻みで用意されています。 

f:id:Suiten:20180815122054p:plain

ACUVURでは度数をDと表記しています

 

この度数は、眼科によって正確に視力を測定し、それに応じた度数を選択する必要があります。

f:id:Suiten:20180815122132p:plain

ACUVURのD(度数)はこの位置に書かれています


まとめ

近視と遠視であれば今回紹介した情報のみで、コンタクトレンズ購入する情報が得られます。
最後にオススメの通販サイトを紹介します。何度も利用しているので安心です。

 

通販でコンタクトレンズ購入するならアットレンズがオススメです。 

 

店舗型コンタクトレンズショップの隣に眼科がある謎について書いています

f:id:Suiten:20180709201027p:plain

今回は使い捨てコンタクトレンズのインターネット販売について書いたみたいと思います。結論からいうと、価格や品質はどこで購入しようと変わりません。

 

一般的な使い捨てコンタクトを入手する方法として、眼科で処方箋を書いてもらい、近くのコンタクトレンズ販売ショップで購入する事が多いと主ます。

  私の周りの人に聞いても店舗型コンタクトレンズショップで購入していることが多いようです。しかし、値段を聞いてみると意外と割高だったりします。

 

 

今回の記事では、店舗型コンタクトレンズショップと、 通販型コンタクトレンズショップの違いやメリットについて書いてみたいと思います。

 

 

 

 

 

店舗型コンタクトレンズショップの罠

店舗型コンタクトレンズショップは駅前や大きなモールなどにお店を構えて、となりに小さな眼医者(眼科)があることが多いですよね。 

 

なぜでしょうか?考えてみましょう。

ç¼ç§ã®æ¤æ»ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥åº·è¨ºæ­ï¼

初めてコンタクトレンズを購入する場合は店舗型がオススメ

 初めてコンタクトレンズを購入する際には、隣の眼科で受診してくださいと言われることが多いです。具体的にいうと、紹介される眼科で受診して処方箋(指示書)をもらうようにすすめられることがことが通常です。

 

眼科では眼科で自分の視力や眼球の歪みなどを測定してもらい、その測定結果に応じたコンタクトレンズを処方してもらう必要があります。

 

使い捨てコンタクトレンズを使い切った後は、同じタイプや適合したコンタクトレンズを購入していくことが多いでしょう。

 

二回目以降のコンタクトレンズ購入は通販がオススメ

 ã³ã³ã¿ã¯ãã¬ã³ãºãã¤ãã¦ãã女æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

店舗型コンタクトレンズショップで、再びコンタクトレンズを購入しようとすると、もう一度眼科での受診を受けるように言われ、その後コンタクトレンズショップで購入を繰り返すでしょう。

 

通常、目に問題がない場合や、視力低下が目立たない場合は、特に変化がないと言われるでしょう。そして、再び処方箋(指示書)を処方してもらうことになります。

 

その際に再び、眼科の診察料と処方箋料金を支払うことになります。多くの場合は、2ヶ月以上の期間をあけて眼科にかかることになるので、再び初診料がかかることになるので、割高になってしまいます。

 

つまり、眼科とコンタクトレンズショップは連動して通わなければなりません。

しかし、必ずしも眼科に通わないと、コンタクトレンズの購入ができないわけではありません。

 

 

なぜこのような流れになっているかというと、眼科の医師はコンタクトレンズショップに雇われていることもあり、手術などの設備はないことが多いそうです。コンタクトレンズショップによって眼科は経営されていることもあり、雇われ医師もいるそうです。

もしくは、業務提携のような感じで、コンタクトレンズショップと眼科が癒着していることが多いです。

 

以上のことから、特に目に問題がない場合は眼科にかかるメリットは少ないと思われます。

 

※ 視力低下を感じた場合や、目に違和感を感じている場合は眼科の受診をおすすめします。 

 

通販コンタクトレンズで購入するメリット

このようにコンタクトレンズを購入したいだけなのに、眼科の診察料が意外と出費になり、店舗型コンタクトレンズショップも通販に比べると割高です。

 

これのお金を抑える手段としてコンタクトレンズをインターネットで購入することをオススメします。

 

眼科で検査したり、コンタクトレンズショップで新商品の話を聞いていると長い時間を必要すると思いますが、同じ商品を購入するのであれば、インターネットでコンタクトレンズを購入するほうが時間の節約にも繋がります。

 

次の記事では、実際にネットショップでコンタクトレンズを購入した記録や、購入するポイントについて書きますね。 

 

 

 

 

インターネットで使い捨てコンタクトレンズを購入するときの注意点

ãã«ã©ã³ã³ãå¥ããç®ã«ã©ã³ã³ãå¥ããç®ãï¼»ã¢ãã«ï¼æ²³æåæ­ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§1.眼科医の指示を受け、それをお守ること
2.製品に添付されている使用者向け添付文書をしっかりと読み込んでおくこと
3.コンタクトレンズの装用時間や使用サイクルを遵守すること
4.取扱説明書に則り、使用方法を守ること
5.定期的に眼科で検査を受けること
6.眼に異常を感じたらすぐに最寄りの眼科医を受診すること

 

以上を必ず守ってインターネットでコンタクトレンズを購入しましょう

 

 

私が購入するインターネット販売のコンタクトレンズショップ 

今回はいつも購入しているアットレンズを紹介します。すでに何度も購入しており、レンジの品質も、店舗型で販売しているコンタクトレンズと何ら変わりありません。

 

 

 

気になった方は一度、御覧くださいね。

 

RCAケーブルを延長させる3ピンコネクタを購入しました

今回はRCAケーブルの延長に使える延長コネクターを紹介します。RCA端子は昔からAV端子として利用されてきました。アナログ端子ですがまだまだ現役です。

 

このRCAケーブルを延長させるために、専用の延長コネクターがあると便利です。

AV端子の中継や、RCAケーブルがオス同士の場合に使用することができます。

 

RCA端子の延長コネクタを購入しました

Amazonで数百円で購入することができます。ビニールの袋に入って届きました。

 

外観はこちら

f:id:Suiten:20180707174850p:plain

外観はこのような感じで、黄色・赤・白と色分けがされています。

 

使用方法

今回はカーナビとポータブルDVDプレイヤーをつなげて、カーナビでもDVDが視聴できるようにしました。

 

まとめ

いかがでしたか?自宅にあるRCAケーブルを延長させると、ケーブルを購入せずに活かすことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。というフィッシングメールがまた来たお話

 

今回も迷惑メールが届いたので、それの報告をしたいと思います。

届いたメールはこんな感じで、前回とよく似た感じです。Operaというブラウザは昔使っていたので懐かしいなぁと感慨深いメールでした。

 

 

今回届いたフィッティングメール

f:id:Suiten:20180622101958p:plain

 

お客様各位、

あなたのApple IDは、異常な場所からアクセスされているため、ロックされています。
ログインの詳細 :

日付: 6/21/2018 7:17:57 PM
ブラウザ:Opera
オペレーティングシステムWindows XP
国:Gambia

24時間以内にこのメッセージが確認されるまで、お客様のアカウントは保護されます。

指定した期限内にこのメッセージを確認しないと、アカウントは永久にロックされます。 確認ボタンを押して、アカウントが完全に安全になるまで提供する手順を完了してください。

検証


敬具、
Apple サポート。

 

 

 

 

 前回の記事と同様に送信者を確認すると、

f:id:Suiten:20180622102654p:plain

例えば、今回のメールの送信者は no-relly@accounts.gogle.com でした。

 前回の記事と同様に、アップルからの連絡なのに、送信アドレスがグーグルというはおかしいですね。

 

mailordermail.hatenablog.com

 

やはり、フィッシングメールなので注意しましょう。

でも、あえて釣られてみましょう。メールの検証ボタンを押すと以下のアドレスにリンクしています。 

 

https://rebrand.ly/403fod29da

 

f:id:Suiten:20180622102349p:plain

 

よくわかんないですけど、個人のホームページに飛ばされるようで、もはや意味がわかりません。表示される画面は毎回異なるようです。

 

 

フィッシングメールを簡単に見破る方法

私のメールはYahoo!メールを使っています。Yahoo!メールを使うメリットとしては自宅や職場、スマホなどどこでも閲覧することができるため、便利なので利用しています。

 

また、ヤフオクで出品もするので、手数料はかかりますが十分なサービスと感じています。

このYahooメールのいいところをひとつ紹介します。 

送信者を 簡単に確認することができます。

  

f:id:Suiten:20180622102654p:plain

ヤフーメールでは、Fromのところに送信者名が表示されます。この場合はAppleとなっています。ここにカーソルを持っていくと、送信者アドレスが表示されます。ここには

no-relly@accounts.gogle.com と表示されます。これによって、送信者名と送信者アドレスがおかしいことに気付けるでしょう。

 

 

 

 

 

 

はてなブログを開設したらGoogle Search Consoleにindexを登録しましょう。

f:id:Suiten:20180616161703p:plain

はてなブログを開設した後、SEO対策の初歩としてGoogle Search Consoleに登録する手続きについて書いてみます。具体的にはサイトマップを登録する方法です。

 

それでは見てみましょう。

 

index(インデックス)とはなにか

 WEB関連用語では、GoogleやYahooの検索サイトの検索結果に表示されることをindex(インデックス)されていると呼びます。すなわち、検索結果として表示されるためには、検索サイトに登録されなければ検索結果に表示されることがないということになります。

 

特に、開設したてのウェブサイトには、なかなかGoogleの検索流入が生じない場合、一向にアクセスが伸びないという現象に陥るでしょう。

せっかくブログやウェブサイトを開設したのに、誰も読んでくれないと残念な気持ちになり、サイトを更新するモチベーションが低下してしまいます。

 

 

サイトマップクローラーの関係について

Googleは世界中のウェブサイトを巡回し、自動で機械的にウェブサイトの情報を収集しています。この自動的に巡回するシステムをクローラーと呼んでいます。

 

「クローラ」は、ウェブページ間のリンクをたどることによってウェブサイトを自動的に検出してスキャンするプログラム(ロボットやスパイダーなど)の総称です。

Google がサポートしているメタタグ - Search Console ヘルプ

 

 また、Yahooの検索結果はGoogleの検索結果を利用しているようなので、Googleに登録することで結果的にYahooの検索結果にも反映されることになります。

 

Google Search Consoleに自分のウェブサイトのサイトマップ(sitemap.xml)を登録することで自動的にその他のページを登録させることができるのですが、開設したばかりの未知のサイトアドレスにクローラーが登録までは数日の日時がかかります。

 

 

ウェブサイトを開設したらindexを登録しましょう

Googleの検索結果に表示されるようになるには、自分のホームページやブログサイトをGoogleのインデックスに登録させることから始まります。単にホームページを開設してもGoogleの検索ページに表示されないとアクセスは一向に伸びないでしょう。

 

以下のサイトに、インデックスされない時にすぐに登録させる方法が書かれていますので参考にしてください。

30sman.com

 

はてなブログでは sitemap.xml を登録しよう

はてなブログでは2018年6月以降に開設したブログではsitemap.xmlとなっています。

過去、はてなブログサイトマップの登録には sitemap.xml と sitemap_index.xml

のどちらかが登録に必要となっており、論争となっていましたがsitemap.xmlが正しいようです。

 

f:id:Suiten:20180615205214p:plain

sitemap.xml と sitemap_index.xmlの両方をサイトマップに登録したが、sitemap_index.xmlは一向に処理されないまま?のままとなっています。

 

数カ月後に確認してもsitemap_index.xmlについては、保留のままでした。

長く続いたsitemap.xml と sitemap_index.xml論争について答えが出たかなと思います。

 

このあとはFetch as Googleによって、自分のブログをグーグルに読み込ませるとよいでしょう。

 

 

AdSenseでは独自ドメインが必要です。独自ドメインについてはこちらが詳しいです。

www.makitomo.net

 

 

フィッシングサイトを見破る方法は送信者名とリンク先アドレスを確認しましょう

f:id:Suiten:20180611214721p:plain

フィッシングサイトはユーザーのIDやパスワードを盗み取ることが目的のようで、メールアドレスにはたくさんの迷惑メールが届くでしょう。

今回はフィッシングサイトの簡単な見破り方をお伝えします。

 

 

フィッシングサイトに引っかからないためのポイント

  • 焦らないように情報収集しよう
  • 送信者名だけでなく、送信者のメールアドレスを確認する
  • 指定されたアドレスでリンクアドレスを確認すること
  • 指定されたアドレスをGoogleで調べてみること 
  • 正規のホームページとじっくりと比較すること

 

今回の記事ではこれらの方法についてご紹介しています。 

 

 

 

今回届いたフィッシングメール

f:id:Suiten:20180611202114p:plain

お客様各位、

あなたのApple IDは、異常な場所からアクセスされているため、ロックされています。
ログインの詳細 :

日付: 6/●/2018 1●:4●:●● PM
ブラウザ:Mozilla Firefox
オペレーティングシステムWindows 10
国:Azerbaijan

24時間以内にこのメッセージが確認されるまで、お客様のアカウントは保護されます。

指定した期限内にこのメッセージを確認しないと、アカウントは永久にロックされます。 確認ボタンを押して、アカウントが完全に安全になるまで提供する手順を完了してください。

検証


敬具、
Apple サポート。
Apple ID サポート 個人情報保護方針
Copyright © 2018 Apple Inc.
One Apple Park Way, Cupertino, CA 95014, United States.
すべての権利予約。

 

メール内容を要約すると、

『君のアカウントには、普段と違う地域からアクセスがあったよ。Apple IDを変更するページに飛んで、アカウントIDとパスワードを入れて、パスワードを変更してね』と指示されています。

 

24時間以内に、パスワードを変更しないとロックがかかるいうことなので、これはヤバイ!と思いましたが、慎重にメール内容を確認しました。

 

実は、この手のメールは何度か送らてれてきています。

 

送信者を確認すると

f:id:Suiten:20180611202019p:plain

 

メール画面を見ると、送信者はAppleとなっておりMacユーザーならAppleからメールが届いたと思うでしょう。

 

メールの返信画面にして、メール正確な送信アドレスを調べると

 

Apple <no-reply@accounts.google.com>

 

となっています。あくまで返信画面で送信者情報を確認するだけなので、メールには返信はしないほうが良いと思います。 

 

 

 

通常、先頭部のAppleは送信者名になりますが、<  >に挟まれたところは送信アドレスになっています。

no-reply@accounts.google.com ってGoogleからのメールってことだよね??このメールアドレス自体が怪しい!ということで。。

 

調べてみると このアドレス自体は、正規のGoogleからのアドレスです。

xn--9ckkn0019c8wwb.jp

 

しかし、AppleからのメールがGoogleを通してメールが送られてくることはおかしいと思いませんか?

AppleGoogleは良い意味でもライバルです。Apple自体にはメールを送る手段とインフラがあるので、Googleを経由して送信することが変だなと思います。

 

この時点で怪しさいっぱいだなと感じていました。普段ならこれで放置決定です。無視が一番です。今回は時間があったので、ちょっと調べてみました。

 

 

Appleからの場合はこちら

f:id:Suiten:20180615194516p:plain

●●様
お客様のApple ID (メールアドレス ) が、ウェブブラウザからiCloudへのサインインに使用されました。
日付と時刻: 2018年6月15日 01:●● PDT
のブラウザ: Chrome
上記が問題でない場合は、このメールを無視してください。
最近iCloudへサインインを行ったことがなく、他者が違法にお客様のアカウントを使用していると考えられる場合は、Apple ID ( https://appleid.apple.com ) でパスワードをリセットしてください。
今後ともよろしくお願い致します。
Appleサポート
Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright © 2018 iTunes K.K. 〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ All rights reserved.

この場合、送付先はAppleとなっており、メールアドレスはnoreply@email.apple.comとなっています。

 

Apple <noreply@email.apple.com>

 

この場合が正しいメールとなるので、注意しましょう・。

 

 

リンクされているアドレスを調べてみました

偽メールの承認ボタンは、指定されたリンク先に飛ばされるようになっています。 

アドレスを調べると

https://your-account-update-confirm.jp/manage/?view=login&appIdKey=f6b7fb37b2b7eb4&country=JP

 

となっており、Appleドメインでないことがわかります。 

f:id:Suiten:20180610094231p:plain

実際にアクセスしてみました。見た目は正規のApple IDのサイトと全く変わりません。

 

Apple IDを入力する欄があり、パスワードを入れるように指示されるでしょう。(今回は、実際には入力していません)

 

 

正しいApple ID のサイトのアドレスは以下の通り

https://appleid.apple.com/#!&page=signin

 

通常、このサイトではApple ID アカウントを管理するページです。Apple IDは通常メールアドレスとなっており、これがIDとなりパスワードを入力して管理画面に進むことになります。
また、管理ページでは支払い情報である、最新の支払い方法や請求先住所を記録しているので、他人にメールアドレスとパスワードを知られるとこれらの情報が流出することになります。

 

f:id:Suiten:20180610094305p:plain  先程の偽サイトと比べても見た目は全く同じです。

 

 

 

偽サイトかを見破る方法

1.検索ページから正規のホームページを確認する

Googleなどの検索ページでApple IDのアカウント管理を確認しましょう。

検索ページでは先程の正規Apple IDのアカウント管理にはたどり着けません。サポートからアカウント管理にアクセスするとたどり着きます。

f:id:Suiten:20180614223301p:plain

これで先程紹介した、Apple IDのアカウント管理のページにたどり着くことができます。f:id:Suiten:20180610094305p:plain

 

2.ブラウザのリンクバーを確認する

f:id:Suiten:20180611204547p:plain

パソコンでインターネットを行って、次のページやリンクをクリックしますが、通常クリックする前にブラウザの下のほうにリンク先を見ることができます。

 

インターネットエクスプローラーではステータスバーと呼ばれていた部分のことですが、Chromeではカーソルをリンク先に移動させると、表示されるアドレスを見ることができます。

 

偽サイトの場合は、このリンク先がなく、IDを入力する欄のみ文字入力ができるような簡単な偽サイトでした。このリンク先が表示されていないページは偽装ページの可能性がとても高いでしょう。

 

しかし、この方法でも凝った偽サイトでは、リンク先を設定することができるのであくまでひとつの方法として抑えておきましょう。

 

スマホの場合はこの方法ができないので注意が必要です。

 

 

3.フィッシングサイトを回避するブラウザを使用する

また、Google Chromeを使用していると、下記のように怪しいサイトについてはアクセスする前に警告画面が表示されることもあります。

f:id:Suiten:20180614221526p:plain

私がアクセスしたときは、このような画面がなく、偽装ページが表示されたのですが、通報があったのかフィッシングサイトの可能性があると警告されるようになっています。

 

f:id:Suiten:20180611205352p:plain

また、表示されているときにもアドレスバーには『保護されていない通信』と赤字で表示されていることも注意したほうが良いと思います。

 

 

4.ウイルスソフトを入れておく

f:id:Suiten:20180615120507p:plain

ウイルスソフトを入れておくと、フィッシングサイトの可能性があるページを開く前に警告画面やアクセスをストップしてくれます。

初心者の方はウイルスソフトを入れておくことをオススメします。

 

 

 

現在はNot Found 

先程の偽装ページは現在では表示されていなくなっており、不正業者はもう逃げたのだと思います。

f:id:Suiten:20180611205511p:plain

 

偽装ページで、パスワードなどを入力した方がいたら早急にパスワードの変更をオススメします。

 

 

まとめ

今回のようなメールが届くと、初めての場合はびっくりすると思います。

真っ先にパスワードを入力するのではなく、調べてから対処しましょう。